三井住友トラスト・アセットマネジメント

三井住友トラスト・グループ

お気に入りファンド

CSR(企業の社会的責任)

CSRとは、Corporate Social Responsibility の頭文字をとったもので、「企業の社会的責任」のことです。

以前は業績や財務内容が良い会社が優良会社とされていましたが、現在は業績や利益のことばかりではなく社会に対する責任も求められる時代になりました。そして企業を取り巻く様々な人や組織(ステークホルダー)に対して積極的に責任を果たしていくことが求められるようになりました。

CSRとステークホルダーのイメージ図

ステークホルダー(利害関係者)には、消費者、取引先、地域社会、株主、従業員など様々な人や組織が含まれますが、そのニーズは、法令の遵守などといった「当たり前」のことからはじまって、積極的な情報開示や環境への配慮、顧客や地域への誠実な対応、人材の育成・支援など広範囲に及びます。
企業が果たすべき社会的責任は、私たちの身近にもたくさんあります。例えば…

法律や規則を遵守し、お客様の立場で事業に取り組む会社や、食品の生産流通履歴追跡システム(トレーサビリティ)を確立している会社、環境を考えて新しい技術を開発している会社などの例

  • 当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
  • ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
  • 投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。 
  • 当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
  • 資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。
  • 動画コーナー