三井住友トラスト・アセットマネジメント SUMITOMO MITSUI TRUST MANAGEMENT

5Gマスコットキャラクターのご紹介5Gマスコットキャラクターのご紹介
幸せな情報を運ぶ「メル」です幸せな情報を運ぶ「メル」です

通信の世界でたくさんの幸せな情報を届けるお仕事をしているんだ!通信の世界でたくさんの幸せな情報を届けるお仕事をしているんだ!
  • 1名前の由来 ローマ神話に登場する情報伝達の神様「メルクリウス」が「メル」の由来です1名前の由来 ローマ神話に登場する情報伝達の神様「メルクリウス」が「メル」の由来です
  • 2住んでいるところ 未来の高速通信の世界2住んでいるところ 未来の高速通信の世界
  • 3性格 頭の回転が早く賢い(スマート)けど、ちょっとせっかち3性格 頭の回転が早く賢い(スマート)けど、ちょっとせっかち
  • 4特技 俊足移動できること誰とでもすぐに仲良くなれること4特技 俊足移動できること誰とでもすぐに仲良くなれること
  • 5好きなこと 世界中を旅すること 嫌いなこと 通信の電波が途切れること5好きなこと 世界中を旅すること 嫌いなこと 通信の電波が途切れること
robot

次世代通信関連 アジア株式戦略ファンド

愛 称THE ASIA 5G

追加型投信/内外/株式

  • 5G関連レポートはこちら!
  • LINE公式アカウント
  • 5Gマスコットキャラクターメルについて
  • 次世代通信関連 世界株式戦略ファンド 愛 称 THE 5G 追加型投信/内外/株式

アジア がリードするこれからの5Gの世界

5G(第5世代移動通信システム)はロボット、IoT*、AI(人工知能)、自動運転などを進化させ、私たちの未来を彩る通信技術です。そして、あらゆる情報技術分野において成長の可能性の根幹を担う息の長い投資テーマでもあります。
アジアは、人口増加と経済発展による成長性の高い地域であり、今後次世代通信市場において飛躍的な需要拡大が見込まれています。これからの世界的な5Gの進展は、アジアがけん引していくことになると期待されています。

  • ※IoT(Internet of Things)とは:モノのインターネットと呼ばれ、世の中に存在する様々な物体(モノ)が通信機能を持ち、
    インターネット接続を通じて情報のやり取りが可能になることをいいます。
アジア がリードするこれからの5Gの世界
line
  • アジア がリードするこれからの5Gの世界
  • アジア がリードするこれからの5Gの世界
  • アジア がリードするこれからの5Gの世界

なぜ、アジア?

長期的な成長期待

アジア地域の5G導入状況

  • 韓国は2019年4月、中国は同年11月にそれぞれ全国規模で5G通信サービスを開始、日本は2020年春に開始しています。
  • 潜在需要が大きい東南アジアの国においても、5G商用化を急ぐ動きがみられます。
アジアは先行国である韓国、日本、中国を中心に5G普及促進が期待できる地域
先行国 中国 韓国 日本 インド ASEAN (東南アジア諸国連合)
light
line line line line
  • ※上記はイメージ図です。

長期的な成長期待

5Gは先行国から後発国へ長期にわたり普及

5Gはアジアを中心に普及・拡大する見込み

  • 5Gの導入・普及は韓国、日本、中国が先行し、その後周辺国へ広がるという観点からも、アジア5Gは長期的な成長が期待できるテーマであるといえます。
  • 2025年には、アジアの5G接続数が世界の過半数を占める見込みですが、その時点でもインドネシアやインドなどの普及率は1割未満と予想されており、大きな拡大余地があります。
  • アジア各国の5G普及率(2025年予測)
    アジア各国の5G普及率(2025年予測)
    韓国 日本 中国 マレーシア フィリピン インドネシア インド (ご参考)世界
    • 先行国韓国日本中国

      • 2019年から2020年にかけて順次商用サービスを開始
      • 新技術に対する順応性があり、5Gを活用したIoTの普及も進みやすい
    • 後発国マレーシアフィリピン

      • 通信インフラが発展途上であり、5Gの普及には時間を要するとされているものの、人口規模や国の成長スピードから市場としてのポテンシャルは大きい

    ※上記はGSMA予測値
    (出所)GSMA Intelligence 「The Mobile Economy」のデータを基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

  • 5G接続数の地域別内訳(2025年予測)
    世界の5G接続数の約6割がアジアとなる見込み その他11% 北米14% 欧州15% アジア60%

    ※上記はGSMA予測値、アジアはオセアニア地域を含む
    (出所) GSMA Intelligence 「The Mobile Economy」のデータを基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

魅力ある高成長企業

5G市場における高成長領域

「アジア地域×先進技術・サービス」分野の企業に着目

  • 5Gは世界の標準規格で展開される新技術であり、将来的に5Gを活用したさまざまな機器・サービスが誕生し、既存技術も含めて進化していくことが見込まれます。
  • 将来的に需要拡大が期待される先進技術・サービスを持つ企業は、導入の初期段階にあることから高い成長が期待されます。今後グローバル市場で強い存在感を示すには、成長市場であるアジアの旺盛な需要を取り込む必要があると思われます。
5G市場の求められる技術進化

アジアの潜在需要の取り込みがさらなる成長のポイント

成長余地 技術進化
arrow
コア技術・サービス
余地 技術進化 速性や柔軟性などを 向上させるための対応 省電力化 高周波数帯を送受信するための対応 先進技術・サービス 高度化 小型化 部品の搭載数増加への対応
  • ※コア技術・サービス:既に実績のある技術やサービスであり、5G普及とともに今後利用拡大が期待される
    先進技術・サービス:新しい技術であり革新的である一方で、導入の初期段階にあり将来的に高い成長が期待される
  • ※上記はイメージ図であり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。

5Gとは

5Gは、通信量の増加に耐えうるネットワークの大容量化、高速化を目指すシステムです。5Gを基盤としたあらゆる技術革新の無限の可能性を引き出すとともに、世界的な経済成長の起爆剤として期待されています。

IoTとは

Internet of Things(モノのインターネット)の略称で、世の中に存在する様々な物体(モノ)が通信機能を持ち、インターネット接続を通じて情報のやり取りが可能になることをいいます。

5Gとは5Gとは5Gとは

(出所)各種資料を基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成
※上記は移動通信システムの変遷のイメージ図であり、全ての特徴を網羅したものではありません。また、将来の運⽤成果を⽰唆あるいは保証するものではありません。

5Gは『高速・大容量』、『多数同時接続』、『超低遅延』の3つがポイント

5G POINT 5G POINT 5G POINT 5G POINT 5G POINT 5G POINT5G POINT

(出所)各種資料を基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成
※上記は5Gの特徴についてイメージ図を使い概要を説明したものであり、その全てを網羅したものではありません。また、将来の運⽤成果を⽰唆あるいは保証するものではありません。