三井住友トラスト・アセットマネジメント

三井住友トラスト・グループ

お気に入りファンド

デリバティブ取引等のリスク管理方法

三井住友トラスト・アセットマネジメントは、デリバティブ取引等(「金融商品取引業等に関する内閣府令」第130条第1項第8号及び一般社団法人投資信託協会「投資信託等の運用に関する規則」第17条に定めるデリバティブ取引等)に係る投資制限に該当しないように適切に管理・運営していくために、以下の通り定めました。
管理すべき対象ファンドは「金融商品取引業等に関する内閣府令」第130条に基づき、公募ファンド及び公募ファンドに組入れられている私募ファンド(以下、「管理ファンド」)とします。

1.基本的な考え方

(1)管理ファンドにおける投資対象が株式や債券等の現物資産に限定され、デリバティブ取引等の投資指図を一切行わない場合、特段の管理は行いません。
但し、管理ファンドがデリバティブ取引等の投資指図を行わないファンド・オブ・ファンズであっても、以下の管理を行うことがあります。

・当該ファンド・オブ・ファンズに組入れている外国籍投資信託が、デリバティブ取引等の投資指図を行う可能性がある場合:VaR方式での管理

・当該ファンド・オブ・ファンズに組入れている国内籍投資信託が、ヘッジ目的以外でデリバティブ取引等の投資指図を行う場合:VaR方式での管理

(2)管理ファンドにおいて、ヘッジ目的のためにのみデリバティブ取引等の投資指図を行う場合、簡便法もしくはVaR方式での管理を行います。

(3)管理ファンドにおいて、ヘッジ目的以外でデリバティブ取引等の投資指図を行う場合、VaR方式での管理を行います。

2.リスク管理方法

(1)簡便法
各デリバティブ取引等の想定元本が投資信託財産の純資産総額を超えないように管理する方法。

(2)VaR方式
金融商品取引業者に対する自己資本比率規制(金融庁告示第59号「金融商品取引業者の市場リスク相当額、取引先リスク相当額及び基礎的リスク相当額の算出の基準等を定める件」)における「市場リスク相当額」の算出方法のうち、内部管理モデル方式(VaR方式)の市場リスク相当額の算出方法を参考に用いたリスク量※が、投資信託財産の純資産総額の80%以内となるように管理する方法。

※リスク量の算出方法
あるポートフォリオについて市場の変動により被り得る損失を確率的に評価し、その中でも1%の確率で起こりうる最悪のケースの損失額をリスク量と定義しています。なお、そのリスク量は、下記の仮定を置いて計算しています。

・ポートフォリオを銘柄の入れ替えなく10営業日、または5営業日保有しているものとします(保有期間が長いほど、市場の変動の影響を受けるため、確率的にリスク量が大きくなります)。

・計算に当たり想定する市場の変動については、安定していると考えられる期間だけではなく、例えば過去の市場の激動時のデータを利用して、リスク量を算出します。

  • 当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
  • ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
  • 投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。 
  • 当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
  • 資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。