三井住友トラスト・アセットマネジメント

三井住友トラスト・グループ

お気に入りファンド

ジュニアNISA

NISA(少額投資非課税制度)の子ども版として、2016年からジュニアNISAが始まりました。ジュニアNISAは、子どもの将来に向けた資産運用のための制度で、本来20.315%の税率で課税される投資信託や株式から生じる配当・譲渡益を非課税で受け取ることができます。

20歳以上を対象とするNISAに対し、ジュニアNISAで口座を開設できるのは0~19歳の未成年者になります。また、非課税投資額は毎年80万円までで、口座の名義人が18歳になるまでは払出し制限が設けられるなど、NISAとは異なる点があるので注意が必要です。

NISAとジュニアNISAとの違い

NISAジュニアNISA
利用対象者 口座開設年の1月1日時点で
20歳以上の日本居住者等
口座開設年の1月1日時点で
0~19歳の日本居住者等
投資対象商品 公募株式投資信託、上場株式(ETF、REITを含む)
年間の投資額上限 120万円
(未使用枠の翌年以降への繰越は不可)
80万円
(未使用枠の翌年以降への繰越は不可)
投資可能期間 2014年~2023年(10年間) 2016年~2023年(8年間)
非課税期間 最長5年間(ロールオーバーも可)
途中売却 可能 途中売却は可能だが、
払出し制限あり(18歳以降に可能)
損益通算 他の口座の取引との損益通算は不可
口座名義人 本人
資金拠出者 本人 親・祖父母、第三者も可能
運用管理 本人が行う 原則として親権者等が代理で行う
非課税口座開設
金融機関の変更
可能 不可
(ジュニアNISA口座廃止後の再開設は可能)
  • 3月31日時点で18歳である年の1月1日までは払出しが制限されます。災害等やむを得ない場合を除き、18歳までに払出しを行う場合は、過去の利益に対して課税され、ジュニアNISA口座を廃止することになります。

制度概要のイメージ

制度概要のイメージ

  • 2023年時点で未成年の場合(子どもが20歳になる前に制度が終了してしまう場合)、ロールオーバー先がなくなった勘定から、各年80万円(時価)に限り「継続管理勘定(ロールオーバー専用の非課税口座)」へ移管され、20歳になるまで非課税で保有可能となります(新規投資不可)。なお、時価で80万円を越える部分は課税ジュニアNISA口座に移されます。

ジュニアNISA口座の開設手続き

ジュニアNISA口座は、銀行や証券会社などの金融機関で申し込むことができます。開設手続きの際には、個人番号カード等を提示し、マイナンバー(個人番号)を告知する必要があります(住民票の提出は不要)。

ジュニアNISA口座は、すべての金融機関を通じて1人1口座しか開設できません。また、ジュニアNISA口座開設後は金融機関の変更ができません。ジュニアNISA口座において投資できる金融商品や受けられるサービスは各金融機関によって異なるため、ジュニアNISA口座申込みの際の金融機関の選択にあたってはよく検討する必要があります。

  • 当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成時点で知り得る情報に基づき作成したものであり、内容については将来変更になる可能性があります。
  • 当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
  • ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
  • 投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。 
  • 当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
  • 資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。