三井住友トラスト・アセットマネジメント

三井住友トラスト・グループ

お気に入りファンド

投資信託と上手につきあう

リスク低減のポイントは分散投資

リスクの軽減をはかる手法の一つに“分散投資”があります。
分散投資とは、「複数の異なる資産に投資をする」という意味ですが、ただ何でもかんでも分散して投資をするだけでは意味がありません。
投資信託を活用することで、いくつかのパターンで分散投資を実現することが可能です。

銘柄分散…単一資産に投資をする投資信託を保有することで複数の銘柄を保有でき、銘柄分散を図ることができます。 地域分散…特定の地域に投資する投資信託を組み合わせる、または各地域に投資する投資信託を保有することで、地域分散を図ることができます。 資産分散…特定の資産に投資する投資信託を組み合わせる、または複数の資産に投資する投資信託を保有することで、資産分散を図ることができます。

分散投資のリスク低減効果

国内株式のみに投資する場合、単一資産への投資ということもあり相対的にリスクは高くなりがちです。では、過去のデータ上、国内株式を含む複数の資産に分散して投資を行った場合はどうなったでしょうか?

実際にその効果を見てみましょう。

国内株式のみに投資した場合、リターンは最大で+65.0%、最小で-45.4%とリターンの振れ幅(リスク)は大きくなりました。
一方、4資産(国内株式25%・国内債券25%・海外株式25%・海外債券25%)へ分散投資した場合は、最大で+40.6%、最小で-28.1%とリターンの振れ幅(リスク)は小さくなっており、対象期間の平均収益率も+6.6%と高くなっています。

各月末までの過去1年間のリターン(1996年3月末~2016年3月末)

国内株式へ投資した場合

4資産へ分散投資した場合

  • 上記は過去のデータであり、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。
  • (出所)Bloombergのデータを基に三井住友トラスト・アセットマネジメント作成

SMT インデックスシリーズのサイトに投資シミュレーションをご用意しています。分散投資効果の確認に是非ご活用ください。

当資料で使用している指数について

国内株式:TOPIX(東証株価指数)(配当込み)、国内債券:NOMURA-BPI 総合、海外株式:MSCI コクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)、海外債券:シティ世界国債インデックス(除く日本、円ベース)を使用しています。円換算は、当該日の為替データ(対顧客電信売買相場仲値(本邦営業日ベース))を基に三井住友トラスト・アセットマネジメントが算出しています。

  • 当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
  • ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
  • 投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。 
  • 当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
  • 資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。