三井住友トラスト・アセットマネジメント

三井住友トラスト・グループ

お気に入りファンド

投資信託の情報の読み方(交付目論見書の読み方)

交付目論見書の読み方

目論見書とは、ファンドを投資家に募集・販売するにあたって、投資家(受益者)のために運用会社が作成し、販売会社を通じて投資家に交付することが義務づけられている書面のことです。投資信託説明書とも言います。
目論見書には、投資家の皆様に投資信託を購入する上で理解していただくべき情報が記載されています。

目論見書には、投資家にあらかじめ、または同時に交付しなければならない目論見書(「交付目論見書」といいます。)と投資家から交付の請求があったときに直ちに交付しなければならない目論見書(「請求目論見書」といいます。)があります。
ここでは、交付目論見書に記載されている内容について解説していきます。

交付目論見書には、投資を行う上で基本となる重要な情報が記載されています。
お申込みの前には必ず内容をご確認ください。

①ファンドの目的・特色 ファンドの運用に関する目的・特色が記載されています。

②投資リスク 基準価額が変動する要因や留意点などの投資リスクが記載されています。

③運用実績 ファンドの基準価額・純資産総額の推移や組み入れている資産の状況等が記載されています。

④手続・手数料等 投資信託の購入や換金に関する手続きや費用等が記載されています。

  • 当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
  • ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
  • 投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。 
  • 当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
  • 資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。