三井住友トラスト・アセットマネジメント

三井住友トラスト・グループ

お気に入りファンド

投資信託の種類

コアラップ目論見書 パンフレットや目論見書に記載されている例

投資信託には、いろいろな側面からの分類の仕方があります。
基本的な分類をみてみましょう。

制度上での種類

形態による分類 契約型 運用会社と信託銀行が信託契約を結ぶことにより組成される投資信託
日本の投資信託は、この契約型が主流です。
会社型 投資を目的とする法人を設立することによって組成される投資信託(投資法人)
日本では、J-REIT(不動産投資法人)などがこの型になります。
取得対象による
分類
公募 多数の投資家に取得させることを目的とした投資信託
一般に個人の方が販売会社(銀行や証券会社など)を通じて購入する投資信託はこれにあたります。
私募 機関投資家などのみに取得させたり、ごく少数の投資家に取得させることを目的とした投資信託
払い戻し方法による
分類
オープンエンド型 原則的に、運用期間中払い戻しに応じる投資信託
クローズドエンド型 運用期間中、払い戻しに応じない投資信託
投資する対象による
分類
株式投資信託 約款に株式に投資できる旨が記載されている投資信託
公社債投資信託 約款に株式には投資しない旨が記載されている投資信託

主な商品分類

追加購入可能か 単位型 投資信託が立ち上がる期間(当初募集期間)にのみ購入できるもの
追加型 原則的に、投資信託が運用されている期間中いつでも購入できるもの
投資対象地域 国内 主たる投資収益が、実質的に国内の資産を源泉とするもの
海外 主たる投資収益が、実質的に海外の資産を源泉とするもの
内外 主たる投資収益が、実質的に国内および海外の資産を源泉とするもの
投資対象資産 株式 主たる投資収益が、実質的に株式を源泉とするもの
債券 主たる投資収益が、実質的に債券を源泉とするもの
不動産投信(リート) 主たる投資収益が、実質的に不動産投資信託および不動産投資法人を源泉とするもの
その他資産 主たる投資収益が、実質的に上記以外の資産を源泉とするもの
資産複合 主たる投資収益が、実質的に上記の複数の資産を源泉とするもの
独立区分 MMF マネー・マネージメント・ファンド
株式は一切組み入れない、追加型公社債投資信託の一つ。
MRF マネー・リザーブ・ファンド
証券総合口座用ファンド。株式は一切組み入れず、高格付けの公社債等で運用されます。
ETF ある指標に連動し、証券取引所に上場しているもの
補足分類 インデックス型 各種指数に連動する運用成果を目指すもの
特殊型 投資者に対して注意を喚起することが必要な、特殊な仕組み・運用手法を用いるもの
  • 当資料は三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。
  • ご購入のお申込みの際は最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
  • 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。したがって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンドの運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。
  • 投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等の保護の対象ではありません。また、証券会社以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金の保護の対象ではありません。 
  • 当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今後予告なく変更される場合があります。
  • 資料中の図表、数値、その他データについては、過去のデータに基づき作成したものであり、将来の成果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来の市場環境の変動等により運用方針等が変更される場合があります。