いつも、お客様にいちばん近い資産運用会社でありたい。
これまで積み重ねてきた信頼をもとに、 運用力をさらに強化し、新たなステージへ。

三井住友トラスト・アセットマネジメントは、資産運用ビジネスの強化と時代にふさわしい資産運用の姿を追求することを目的に、2018101日、三井住友信託銀行の運用機能を統合し、運用資産残高67兆円規模※の、日本そしてアジアで最大級の運用会社となりました。運用機能統合を通じて、各分野の人財の厚みが一層増し、市場環境の変化やお客様のニーズに応じた最適な資産運用のソリューションを、様々なかたちでタイムリーにご提供できる体制が整いました。このように、私たちが更なる進化への新たなステージを迎えることができましたのも、今まで真摯に取り組んできた資産運用業務を、多くのお客様からご信頼いただいたおかげだと思っています。

 

人生100年時代といわれる超長寿社会を迎えるなか、資産を自分で育て、守る時代が本格的に始まろうとしています。私たちは、お客様一人ひとりの想いにお応えするために、プロフェッショナル一人ひとりが努力を積み重ねることで、中長期目線でしっかりとお客様にリターンをお返しできる運用会社を目指してまいります。また、責任ある機関投資家として、投資先企業との建設的な目的を持った対話やESGEnvironment, Social, Governance)課題への取り組みを積極的に推進し、豊かで持続的な社会の形成に貢献することで、お客さまの中長期的な投資リターンの最大化を図るよう努めてまいります。

 

時代にふさわしい資産運用の姿を追求するとともに、託していただいた資産の成長のために全力を注ぐという原点を見つめ、さらに誠実に取り組んでまいります。

 

20196月末時点の運用資産残高(時価ベース)です。

 

2019年10月1日 代表取締役社長菱田賀夫

お気に入り
ファンド

基準価額一覧