三井住友トラスト・アセットマネジメント
文字サイズ
三井住友トラスト・グループ

債券ESG

当社では債券運用においてもエンゲージメントとESGインテグレーションを推進してきました。ここでは債券ESGインテグレーションの概要に加え、昨年版に続きエンゲージメントを行うクレジットアナリストと債券ファンドマネージャーの対談により、最近のSDGs債の動向や両者の協業の一端を紹介させていただきます。

債券運用と株式運用におけるESGインテグレーションの意義

債券投資には、下記のような商品性の違いから、株式とはESGインテグレーションの意義や投資のポイントが異なる部分もあります。社債権者に議決権はないものの、直接の資金提供者として、企業経営にとって重要な位置づけにあると考えています。従って、社債権者としては、投資先企業に対して中長期的な成長やダウンサイドリスクを軽減する施策を求める権利がある一方で、社会的貢献を求める責任もあると考えています。

債券運用におけるESGインテグレーション

債券運用においては下記のようなフローでESG情報を活用しています。

下図は、上記③のプロセス「スプレッド評価とESG評価による銘柄選択判断」を図表化して表したものです。