REIT(リート)とは


REIT(リート)とは

REIT(リート)とは、投資者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品で、一般的に「不動産投資信託」とよばれています。投資者は、REITを通じて間接的に様々な不動産のオーナーになり、不動産のプロによる運用の成果を享受することができます。

REITのしくみ

※上記は一般的な上場REITのイメージであり、実際のしくみ(運用)が必ずしも上記の通りになるとは限りません。

REIT(リート)の魅力

    1. 比較的安定した配当が期待できる

      配当原資は不動産の賃貸料などで、比較的安定した配当が期待できます。

      J-REITの場合、利益の90%超を配当することで分配金が損金算入できるため(実質法人税は免除)、効率よく分配できます。

    2. 流動性が高く換金が容易

      取引所に上場されているREITは、上場株式と同様に取引所で売買でき、比較的流動性が高く、換金性に優れています。

    3. 専門知識を活用した分散投資が可能

      REITの運用は不動産運用のプロが担うため、運用の手間が不要です。
      様々な用途の不動産(REIT)への分散投資が可能です。

不動産への直接投資とREIT投資の違い

不動産への直接投資 REITを通じた不動産投資
投資対象 主に住居向け不動産
(マンション、アパート等)
多様な物件に投資可能
(オフィス、ホテル、倉庫等)
必要資金 多額 少額から投資可能
物件選定の際の情報入手 困難
(専門知識が必要)
不要
(REITが良質な情報を提供)
分散投資 困難
(多額の資金がないと不可能)
可能
(複数物件の分散投資が可能)
物件の維持・管理・運営 投資者自身が管理
(または外部委託)
不要
(管理者としてREITが管理)
流動性・換金性 低い
(不動産市場で売買)
高い
(証券市場で売買)

※上記は一般的な内容を示したものであり、これに限定されるものではありません。また、REITは、需給や経済情勢および自然災害等による価格変動等により収益や利回り等が未確定であるため、元本および分配金の保証はないリスク商品となります。



お気に入り
ファンド

基準価額一覧